2019年厄払いが必要な人の生まれ年 厄年の男女早わかり!

厄払い2019年 厄年の年齢 男女

「厄年」という言葉は多くの方がご存知でしょう。

信心深い方はもちろん、普段は全く神仏など関係ないという方でも、
何かのきっかけでその年が自分の「厄年」だと知ってしまったら、
何となく落ち着かない感じがしますよね。

「厄」という言葉自体に不気味な印象がありますし、
ともかく、現に日本の風習として残っているのですから、
普段の年とは違う、突然の災難に遭うかもしれないなどと、
不安になる方も多いでしょう。

厄払い2019年 厄年の年齢 男女

あるアンケートでは、「厄年は迷信だと思いますか?」と言う問いに対して、
約64%の人が「そう思はない」と回答しており、
厄年に肯定的な考えを持つ人が過半数を超えています。

また、厄年の人に対して、
「あなたは厄年であることが気になりますか?」と問いかけたところ、
約59%の人が「気になる」と回答したとの結果もあります。

何となくうなずける数字ですよね!

そこで、今回は、2019年に厄年を迎える方の、
男女別の生まれ年や厄払いなどの情報をご紹介します。

厄年を迎える方は、特に参考にしてくださいね。

 



 

2019年(平成31年)厄年の人の生まれ年は?

それではまず、厄年を迎える人の生まれ年を見ていきましょう。

厄年を迎える人の生まれ年を見ていきましょう。

厄年男性の生まれ年

1996年 平成8年 24歳 前厄
1995年 平成7年 25歳 本厄
1994年 平成6年 26歳 後厄
1979年 昭和54年 41歳 前厄
1978年 昭和53年 42歳 大厄
1977年 昭和52年 43歳 後厄
1960年 昭和35年 60歳 前厄
1959年 昭和34年 61歳 本厄
1958年 昭和33年 62歳 後厄

 

厄年女性の生まれ年

2002年 平成14年 18歳 前厄
2001年 平成13年 19歳 本厄
2000年 平成12年 20歳 後厄
1988年 昭和63年 32歳 前厄
1987年 昭和62年 33歳 大厄
1986年 昭和61年 34歳 後厄
1984年 昭和59年 36歳 前厄
1983年 昭和58年 37歳 本厄
1982年 昭和57年 38歳 後厄
1960年 昭和35年 60歳 前厄
1959年 昭和34年 61歳 本厄
1958年 昭和33年 62歳 後厄

 

いかがでしょうか。あなたは厄年に当たっていませんか。

ここで注意が必要なのは、
「本厄」の前後の年が、それぞれ、「前厄」、「後厄」とされている点です。
翻訳の年を挟んで3年間は何かしらの注意が必要だということです。

加えて、42歳の男性と33歳の女性は「大厄」となっています。
語呂でいうと、それぞれ「42(しに)」、「33(さんざん)」と読めることから、
この年齢の方は、他の厄年よりも増して注意を払う必要があるとされています。

本人が厄年に当たるということを気付いていない場合は、
周囲からも声をかけてあげてはいかがでしょうか。

次に、厄年を迎えた場合にはどう対処すればいいのか見ていきましょう。

 



 

厄年を迎えた人は何をすれば良いのか!

「厄払い」という言葉を聞かれた方は多いと思います。
文字通り、自分の「災厄」を払い落とすことです。

厄を避けるやり方の違いから、
「厄除け(やくよけ)」、「厄落とし(やくおとし)」とも呼ばれています。

厄年を迎えた人は何をすれば良いのか!

それではこの「厄払い」などについて、具体的にご紹介します。

 

厄払いに行く時期や場所は?

厄祓いの時期は特に決まりはなく、地域によっても異なっていますが、
一般的には、厄年とされる年の年始から、2月4日頃の「立春」までに
お祓いをするケースが多いようです。

また、厄払いは、神社、お寺どちらでも受けることができます。

 

厄払いに行くときの服装は?

服装についても特にルールはありません。
でも、せっかく厄を払いに行くのですから、
その気持ちが表れたような身だしなみを心がけるべきでしょう。

ちゃんとした服装であれば、ご利益が多そうな気もしますよね。

 

御祈祷料などの相場は?

お祓いの御祈祷料は、3,000円~10,000円が相場です。
多くの寺社では、予め御祈祷料が定められていますが、
金額が示されていない場合でも、
この程度の金額は用意しておくようにしましょう。

お金はのし袋に包んで、
神社の場合は「初穂料」、お寺の場合は「お布施」と表書きします。
どちらの場合も、新札を入れるのが原則です。

 

厄年にやってはいけないことはあるの?

結婚や新築の家を建てる、新たに事業を起こすなど、
何か新しく物事を始めることは避けるべきだとされています。
厄年にコトを始めると災いなどに襲われ、長続きしないという言い伝えもあります。

ただし、そうはいうものの、結婚にせよビジネスにせよ、
その機を逃しては大変なことになります。
厄年ということにこだわり過ぎてチャンスを逃した結果、
思いもよらぬ災難に遭ったとなると、 笑い話にもなりません。

寺社などで、しっかりと厄を払い落とした上で、
やるべきことはやるという姿勢が大事だと思います。

では、親しい方などが厄年を迎える場合に、
厄除けになるような贈り物はあるのでしょうか。

 

 

 

厄年の人への贈り物は?

実は、厄年を迎える人に贈り物を送る風習は意外と古く、
既に、平安時代の古文書の中に記述があるようです。
何と、1200年以上の歴史があるんですね。

厄年の人への贈り物は?

 

肌身離さず身に付けるものを!

プレゼントとしては、肌身離さず持てるもので、
長いものや七色のもの、うろこ模様などのものが良いとされています。

そのため、男性には、ネクタイやベルト、キーフォルダーなどが、
女性には、ネックレスやブレスレット、スカーフなどが良いのではないでしょうか。

厄を迎える人の平穏無事・息災などを心から祈念することが大事ですよね。

厄除けの人気アイテム

 

 

以上、今回は、2019年に厄年を迎える方の、
男女別の生まれ年や厄払いなどについてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

当たり前のことですが、 人生の中で、厄年は、誰もが経験するものです。
厄年を迎えたとしても、必要以上に右往左往する必要はありません。

ただ、冒頭でご紹介したように、
厄年を、単なる迷信だと思っている人は多くありませんし、
厄年を迎えた人は何かと気にかかるというのは事実です。

そんな不安を払しょくするためにも、
厄年を迎える方は、きちんと厄払いをして、
気持ち良くその年を過ごすようにしましょう。

Sponsored Link