足が痛くなるお悩みを解消!歩きやすいレディースサンダルとは?

Sponsored Link

サンダル レディース 歩きやすい

夏のコーディネートに欠かせないアイテム、レディースサンダル。
この季節になると、店頭には様々な種類のサンダルが並び、
「これはお出かけ用、これは通勤用に~」と、
毎年目移りしながらも選ぶのが本当に楽しいですよね。

そんな、夏に欠かせないサンダルですが、選ぶ時に悩む重要なポイントのひとつが、
歩きやすさ!

おしゃれさ、可愛さなどデザインだけを重視して購入して、
張り切って履いていった先で足が疲れたり、痛くなったり、
靴擦れしたりして辛い目に遭った経験、女性なら大抵の方がお持ちだと思います。

足が痛くなるお悩みを解消!歩きやすいレディースサンダルとは?

だからといって、ただ歩きやすくても足元がダサいのはイヤですから、
気に入ったデザインで尚且つ歩きやすい、足が痛くなりにくいサンダル選びというのは、
女性にとって毎年の夏の大きな悩み・迷いどころではないかと思います。

今回は、そんなレディースサンダルについて、足が痛くなる原因、
歩きやすいサンダルを選ぶポイント、おすすめのサンダルなど、
色々調べてご紹介したいと思います。

「おしゃれは我慢」なんて言葉もありますが、夏の足元のおしゃれは
出来れば我慢しないで楽しみたいですから、この記事をお役立てください。

 


Sponsored Link

 

レディースサンダルで足が痛くなる原因

歩きやすい、快適なサンダルを探すには、
まずは不快な痛みや歩きにくさの原因から探っていきますよ。

不快な痛みや歩きにくさの原因から探っていきますよ。

 

原因1:靴(サンダル)が足に合っていない

これは、サンダルに限らず、靴全般でいわれる事ですが、
サイズや足の形に合っていないと、痛くなりやすいそうです。

レディースサンダルだと、「足のサイズはSだけど、Mしか売ってないな~
でもこのデザイン好きだし…まあMでいいか!」という感じで
無理に合わないサイズを履こうとしてしまうこと、よくあるんじゃないかと思います。

これ、凄く気持ちは分かるのですが、足にフィットしていないサイズのものを履くと
勿論、緩かったりきつかったりで不快な摩擦が起こって歩きづらいですし、
それだけでなく、ゆくゆくは足の重心がつま先側に滑って靴擦れになったり、
外反母趾や胼胝(たこ)や魚の目の原因にもなったりします。

外反母趾などは、なってしまうと治すのは一苦労なので、
なるべく足に合ったものを選びたいですね。

 

原因2:素材が硬い

サンダルが硬い素材だと、足にフィットしづらく、肌との摩擦が起こりやすくなり、
歩くたびに擦れて痛くなりやすいです。

たとえデザインが気に入って一目ぼれしても、必ず試着し、素材が硬くて痛くないか、
冷静に確認してみてくださいね。

衝撃を吸収するような柔らかく足にフィットする素材が使われていると、
足が疲れづらく、歩きやすいです。

 

原因3:ヒールが高すぎる

高いヒールは、足首がキュッと締まって見えますし、足が長く、
スタイルよく見えて素敵ですよね。

しかし、ヒールが高ければ高いほど、サンダルを履いたときに足の重心が前にかかる為、
足の甲への負担が大きく、痛みの原因になります。

ヒールの高い靴もサンダルも、きちんと足にフィットしたものを履き、
正しい歩き方を身に付ければ、ある程度は痛みを軽減し歩きやすくすることが出来ます。

しかし、慣れないうちは長く歩く予定がある日などは、
あまりに高いヒールのサンダルを履くのは避けたほうがいいかもしれませんね。

 

 

 

歩きやすいレディースサンダルの選び方

前項の足が痛くなる原因をもとに、歩きやすいサンダルの選び方を探ってみました。
歩きやすいレディースサンダルを選ぶのに見るべきポイントは以下の項目になります。

歩きやすいレディースサンダルを選ぶのに見るべきポイント

 

1.足の甲を押さえられているか

ヒールのあるサンダルでは、汗をかいたりして前滑りすることがあります。

その時に、足の甲をおさえる部分にゆとりがありすぎると
前滑りを防止するために足の指やふくらはぎに余計な力が入って疲れたり
痛くなったりしてしまいます。

逆にきつ過ぎると皮膚が摩れて靴擦れの原因になります。
少し足を浮かせる程度の余裕がありつつ、脱げない程度のきつさのものを選ぶと
いいみたいですよ。

 

2.足首を固定出来ているか

足首をバックルでしっかり押さえられていれば、前滑りを防ぐ事ができます。

しかし、あまりきつ過ぎると、くるぶしの部分が靴に当たって靴ずれしますので
バックルを留めた時に、くるぶしと靴の間に指一本入る程度の余裕があると、
前滑りも靴擦れもしにくくなるみたいです。

サンダルのタイプにも色々ありますが、
ミュールなどはこのバックルやストラップがついてませんから、
歩きやすさを重視して選ぶならミュール以外のバックルやストラップがついた
足首固定できるタイプを選ぶのが良さそうです。

 

3.土踏まずに当たる部分の靴の幅

サンダルになると、土踏まずの部分の幅が極端に狭く細いものがあり、
デザイン的には綺麗で惹かれるのですが
これは実際に履いてみるとかなり疲れるタイプの形だそうです。

土踏まずの部分にしっかりと底が無く、足の指と脹脛に負担がかかりすぎて、
結果疲れたり足が痛くなったりするそうなんですね。

逆に、土踏まずをしっかりつけて歩くと、足に入る力が分散され疲れにくいので、
サンダルを選ぶ時は、試着して足を地面につけた時に、
土踏まずに靴がしっかりフィットするものを選ぶと良いですよ。

 

4.ヒールは太いほど履きやすい

歩きやすさ重視といっても、通勤時のコーディネートに合わせたいとか、
綺麗めに履きたいときはヒール高が欲しい時もありますよね。

その場合は、太めのヒールのサンダルを選ぶと履きやすく、歩きやすくなります。

ヒールの線の細いピンヒールだと体重を支える面が少なく、
足にかかる圧も不安定になり疲れやすく足も痛くなりやすくなりますが、
チャンキーヒールという太めのヒールや、ウェッジソールなどにすれば、
足にかかる圧が分散され安定するので、歩きやすく疲れにくくなります。

また、ヒールの高さは足元を綺麗に見せたいなら7cmといわれていますが、
それより少し低い5.5~6cmにすると、疲れにくくなるそうですよ。

 

以上の4つのポイントに気を付けて選ぶと、歩きやすい、
疲れたり足が痛くなりにくいレディースサンダル選びが出来るみたいです。

 

 

 

おしゃれで歩きやすいレディースサンダルおすすめブランド

夏のファッションに欠かせないサンダルですが、靴下と合わせると春~夏と、
かなり長い期間使う事になりますし、だからこそ、歩きやすさと、
見た目がおしゃれで気に入って履けるかどうかも重視したいですよね。

レディースサンダルを揃えているメーカーやブランドは沢山ありますが、
その中からいくつか、おしゃれなデザインかつ歩きやすいサンダルを販売している
ブランドをご紹介しますね。

おしゃれなデザインかつ歩きやすいサンダルを販売しているブランド

 

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)

年齢や性別を問わず履けるサンダルのブランドといえばここ!
ドイツ生まれのBIRKENSTOCK。おしゃれなデザインは勿論、
歩きやすさが人気です。

レディースサンダルは、ボーイッシュなコーデにも、可愛いコーデにもピッタリな、
シンプルで合わせやすいデザインが揃ってます。

定番人気は二本ストラップのアリゾナですが、
もうちょっと華奢な感じのデザインがいいな~という場合は
女性らしいアンクルタイプのPALI/パリとか、親指を固定した
トングサンダルのMAYARI/マヤリなどなら、
ガーリーなコーデにも合わせやすくて可愛いですよ。

足の裏にフィットする気持ちよさを、
BIRKENSTOCKの好きなところに挙げる人は多いです。

購入する際は、出来れば直営店や専門店で足のサイズを測ってもらうと、
よりフィットして歩きやすいサンダルを買えそうです。

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)

商品の詳細ページ

 

 

IL BISONTE(イル ビゾンテ)

上質なレザー素材を使用したバッグや財布などが人気のブランド、
IL BISONTE。春夏シーズンに展開するレザーサンダルも人気です。

シンプルなデザインなのでコーディネートに取り入れやすいですし、
年代問わず愛用できそうな色、甘過ぎないデザインが多いのもいいですね。
プライベートは勿論、OLの通勤時のコーディネートにも使えそうです。

華奢な印象のデザインのレディースサンダルも、ベルト付きのものだと固定されて
歩きやすく、あまりぺったんこ過ぎないヒール高も程よい感じで
よく歩く日でも疲れずに気持ちよく歩けそうです。
歩きやすくてキレイめデザインが欲しい方におすすめです。

IL BISONTE(イル ビゾンテ)

商品の詳細ページ

 

 

TEVA(テバ)

アメリカ生まれのサンダルブランド、TEVA。この夏、海や山に行きたい!
スポーティーなデザインの歩きやすいサンダルが欲しい!ということなら、
ここがおすすめです。
靴下と合わせて履いてもおしゃれですよ。

衝撃を吸収するクッション性の高いソールによる歩きやすいフィット感だけでなく、
脱げにくく、汚れても濡れても気にならないスポーツサンダルは、
アウトドア以外にも、旅に履いていきたい、なんて方に人気です。

ストラップもソールもカラフルなタイプは、履いて出かけると足元を見る度に
ウキウキしそうですし、色んな服に合わせやすそうな、
黒や白のシンプルな色使いのタイプもありますよ。

TEVA(テバ)

商品の詳細ページ

 

 

nano・universe(ナノ・ユニバース)

歩きやすく、上品で日常使いしやすいデザインのサンダルをお探しなら、
ナノ・ユニバースがおすすめです。

ストラップ付きのサンダルは、甘すぎず堅すぎずシンプルでスリムなデザインで、
可愛いカジュアルなコーディネートに合わせる事もできますし、
ヒールもあるので通勤用のコーデにもOKな、使いやすいサンダルです。

ヒール付きのサンダルはヒールが少し高く感じるかもしれませんが、
チャンキーヒール(通常のものより太め・厚めのヒール)を選べば
安定感があって歩きやすいですし
美脚効果もあるので、歩きやすさと上品さの両方が欲しい!
という場合に選んでみてはいかがでしょうか?

nano・universe(ナノ・ユニバース)

商品の詳細ページ

 

 

以上、レディースサンダルについて、足が痛くなる原因やサンダルを選ぶポイント、
おすすめサンダルなどのご紹介でした。

選ぶポイントは一般的なことなので、
人によってはヒールが無いぺったんこよりは2~3cmあった方がいいとか、
底が幅広い方がいいとか、ここに書いた以外にも
色々とフィットするかしないかというポイントはあるかと思いますが、
そういった各々の選ぶポイントと合わせて、
サンダル選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

おすすめサンダルのブランドも、それぞれ販売しているサンダルのデザインの傾向が
違うところを選んでみましたので、
「旅行先で海にも行きたいからテバにしようかな」とか
「オフィスでも履きたいからナノ・ユニバース探してみよう」とか、
どんな感じのコーデに合わせるか、どこを歩くかによって、
探すブランドを変えたりしてみてくださいね。

せっかくウキウキしながら可愛いサンダルを履いてきたのに、
外出先で歩くうちにおそわれる憂鬱な足の痛み。

今年は是非、納得いく気に入ったデザインで歩きやすいサンダルを手に入れて、あの痛みから卒業し、快適な夏のコーデを楽しんでくださいね!

Sponsored Link